読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由気ままに

今は主にモンスターパレードのプレイ日記を書いてます

ゲームのやり方、楽しみ方

今日、久しぶりに会った友達と

色々話しているうちにゲームの話になり

どんなやり方をしていたか等の話を少ししたので

前回と同じかんじになりますが

自分の場合について書きます

 

 

 

・説明書は読むか

 

説明書は読みますね

読んでゲームの内容を知るというよりは

どんなことが書いてあるかが気になってしまうんですよ

ゲームによってはイラストとかも見てて面白いですし

キャラクターのプロフィールとかをみるのが好きです

暇つぶしにもいいですしね

 

たまにマジで役立つヒントもあったりしますし

 

 

 

・やりこまないと気がすまないかどうか

 

はい、やり始めたゲームはやりこまないと

気がすまないタイプです

一回エンディングを見ただけではまず、やめません

 

アイテムをコンプしたり

イベントを全部みたくなったりします

 

先日書きましたが、ポケモンも自分で所有したやつは

図鑑を完成させましたし

 

スパロボもやったなら図鑑100%を目指すのが基本と考えております

 

 

 

・ゲームの世界に入るとしたら何がいい?

 

空を飛べるやつ!

やっぱりゲームの中に入り

非現実的な体験を出来るとしたら自分の力で思うままに

空を飛んでみたいですよね

 

パイロット ウイングス

っていうゲームだったかな

 

・・・やったことないんですけど💦

 

 

 

・小さい頃は自分の部屋でゲームできてた?

 

その友達も自分も兄弟と共有の部屋でゲームをやってました

自分の場合、寝るだけの部屋はありましたが

テレビはなく、自分だけの部屋でのゲームはできなくて

自分だけの部屋で、ゆっくりゲームするのが

小中学生のころの小さい夢でした(笑)

 

高校生の頃、夜中にテレビとゲームを部屋に運んで

ゲームした時は少し興奮した

しょうもない思い出が今でも記憶に残ってます

 

大学進学で実家をでたり、卒業後も一人暮らしをしましたが

このくらいの年になると、さすがに興奮はしませんでしたけどね

 

 

 

・子供の頃、セーブできないのに「ご飯よー」と言われたら

 

うーん、確かにそんなときもあったけどよく覚えてないんだよな

小さい時は、晩御飯の時間が近づいたら

そうなるのが嫌でゲームをやめてたもんな

 

覚えてるのはドンキーコングやっててセーブできなくて

やり続けたら母親がしびれをきらして、部屋にやってきたけど

そんなに怒られはしなかったと思うな

 

弟がセーブできないイベントでそうなった時は

メチャクチャ怒られてたな(笑)

 

ま、あとはポーズしてテレビの電源だけ消したときもあった

気がする

 

 

それで思い出すのは、夕飯じゃないんだけど

小1の頃ドンキーコングやってて、苦労して始めて3面だかのボスを倒したあと

セーブしないで4面に進んじゃって

それで母親と買い物にいくとこになって

セーブできないもんだから、やめれなくて

だったらテレビの電源だけきって出かけりゃいいかって出かけて

帰ってみたら

 

親父がカセット入れ替えてマリオやっててさ

「苦労して始めて倒せたボスなのにーーー!」

ってキレたことあったな(笑)

 

 

今日、話したのはこのくらいかな

では、今回はこのへんで